スーパーフード人気の火付け役『アサイー』

 

日本人のハワイ好きは異常とも言われていますね。
でも、そのハワイ好きから、最近はパンケーキとかアサイーボウルとか、ハワイでは定番の朝食が日本でも話題になることが多くなっていますね。
特にスーパーフードとして有名なアサイーは、あっという間に人気が出たな~って思いました。
パンケーキは、ある程度日本でもなじみがある食べ物ですから、人気になるのもわかります。
しかし、アサイーのような健康に良いスーパーフードで、あんまり日本では知られていない食材が、ここまで普通に定着するとは思いませんでした。
ただし、アサイーが好きな人って、やっぱり女性が多いですよね~。
男性は、アサイーの色を見ただけで、「俺いいわ」って敬遠する人もいますし。
アサイーがスーパーフードで、体に良いと説得しても、やっぱり男性は食わず嫌いな人が多いかなって思います。
私はアサイーボウルって好きですけどね。
子供もさっぱりしているので、結構好きですが、好みは分かれるかもしれませんね。
ただ、スーパーフードを毎日朝食で摂取するのは、お肌の調子も良くなりますし、健康のためにも良いと思います。
実は寝起きの体って、すごく体が飢えているので、栄養価の吸収が良いみたいですからね。
朝食にスーパーフードは良いと思います。

 

マカサプリの効果・効能

 

赤ちゃんを希望している夫婦では、女性が葉酸サプリを積極的に摂取して、男性がマカサプリを飲んでいる場合がありますが、実は葉酸サプリもマカサプリも、男女ともに摂取するようにしておくと、さらに妊娠しやすいからだに改善することができるようになりといわれています。
マカサプリの効果や効能にはいろいろなものがありますが、たとえば、ホルモンバランスの正常化、精力増強、生理不順改善、冷え性改善、疲労回復、ストレス解消などがあるといいます。
ホルモンバランスを整えることで、体が内側から元気になっていくことができるのです。
マカの成分の中に、エストロゲン、つまり女性ホルモンのような働きをする成分と、ホルモン分泌を調整する成分が入っているので、それらが作用していってホルモンバランスが整うといわれています。
マカは男性のからだに効果的なもの、というイメージがありますが、男女に関係なく摂取することで、その効能を実感することができますし、葉酸とも一緒に飲み合わせることで、お互いの効能や効果をさらに高めることができるようになっているのです。
元気な赤ちゃんを授かりたいというときは、どちらか一方だけがからだを気遣うのではなく、男女ともに健康な体作りをすることが大切だということです。

 

 

PMSと更年期障害の症状が似ている

PMSがあるので生理前になると体調が悪くなります。
生理前の数日だけなので我慢できますが、これがずっと続くとなったら耐えられません。
でも更年期障害になると体調の悪い日が続くんですよね。
ウツや不眠症だったり、イライラして疲れやすくなったり。
私は定年まで働きたいと思っているので、更年期障害になってしまうのは非常に困ります。
PMSの時でさえ仕事に集中できなくなるのに、そんな状態がずっと続いたらクビになってしまうかもしれません。
なので更年期障害の発症リスクを減らすために、できるだけ運動をしたり規則正しい生活を送ったりしています。
とにかくホルモンを安定させることが大事ですからね。

 

 

妊娠しやすい体になるためにしたこと

妊娠しにくい人、しやすい人など体質は人それぞれです。
毎年子供を生んでいる大家族のお母さんはスゴイですよね。
そしてそういうお母さんは体が大きいことが多いです。
やっぱり、細すぎるよりはある程度脂肪も付いていた方が妊娠しやすいのでしょうね。
私は昔から細身の体型で、羨ましがられることがよくありました。
ただ筋肉が少なく冷え性だったこともあり、なかなか子供を授かることができなかったんです。
そのため妊娠しやすい体になるよう、いつもより多めに食べて体重を増やし、体を温めることを意識しました。
そしたら1年後に赤ちゃんを授かることができたんです。
栄養を摂って、体を冷やさないということが重要ですね。

緊急避妊の正しい使い方

緊急避妊の正しい使い方

 

緊急避妊薬を使用する時にはいくつか注意しなければならないこともあります。
それは、処方された時には説明や用法についてしっかりとチェックしておくことです。

 

当然のことですが、薬剤を正しく飲むというのは非常に重要です。
しかし、緊急避妊ともなると、やはり時間が制限されている中で避妊をしなければならないために焦ってしまっている場合が多いです。

 

しかし、緊急避妊にピルを使用するのであれば、まず基本として12時間後にピルを服用しましょう。
携帯電話、時計にタイマーをしっかりとセットするなどして工夫をしてみてください。

 

この12時間ですが、これはピルが持っている効果をより高くする、ということだけでなく必要のない身体の変調を避けるというものです。
時間をしっかりと守っていても、それでも副作用が出ることはあります。

 

特に服用した後には嘔吐してしまうことが多いです。
服用直後に嘔吐してしまうと、薬剤まで吐き出してしまっている可能性がありますので、吐き出してしまった時にはもう一度ピルを飲み直す必要があります。

 

飲み直さなければ期待しているような避妊効果を得ることができなくなります。
嘔吐した場合に飲み直すためにも、最初から少し多めにピルを処方してもらっておくと安心ですね。

» 続きを読む

  • 2016/01/06 12:20:06

性器ヘルペスかも?血液検査で調べるときの流れ

性器ヘルペスかも?血液検査で調べるときの流れ

 

性器ヘルペスを血液検査で調べるときの流れとしてはパートナーとの性行為をして感染をしたと考えられる日から2日から10日くらいで症状が出るのでその時点で検査をすることが可能になります。性行為をして症状が出ていない場合には検査をしてもウイルスを発見できないので適切な利用を受けられない場合があります。また性器ヘルペスの治療費用は自由診療の場合もあるので、検査のタイミングを間違えてしまうとお金が無駄になってしまいます。受診する医療機関は男性の場合は泌尿器科や皮膚科、性病科で、女性は婦人科などでも受診することができます。ヘルペスの全てがセックスが原因のものではないので、感染が確認できたら躊躇わずに受診をして、症状が軽い時に内服薬などで治療をすると短期間で治すことができます。重症になってしまうと入院治療の必要もあるので、気がついたらすぐに医療機関を受診することが大切です。治療をして感染しているとわかったら5日から10日間は内服薬や軟膏を使って治療をして、病変部分が完全に治癒した場合には治療が完了となります。しかしヘルペスウイルスは神経節に潜伏をしていて、体調が悪くなると再発することがあるので、その場合には医師に相談をする必要があります。

» 続きを読む

  • 2016/01/06 12:20:06